お仕事

【離職票とは?】失業保険の申請や保険の切り替えに使う証明書

離職票等の書類

こんにちは、さやか(@sayaka_arieru)です。

退職を決めたらもらう資料といえば離職票ですね。

私ももらうまでにいろいろ調べたんですが難しいことも多く結局離職票って何に使えるんだ??とギモンでした。

今回の記事では、離職票まとめとして超ざっくり離職票のことを説明します!

難しいことはいろいろ専門のブログがあると思うのでぐぐってください。

ざっくり理解に役立ててください!

離職票とは?

離職票とは、正式名称は「雇用保険被保険者離職票」といい、会社を辞めるときに会社に発行してちょうだいって言っておけばもらえる書類です。

発行を依頼しておけば、ほかの必ずもらえる書類と一緒に後日送られてきます。

離職票には1と2という種類があります。

離職票はなぜ必要なのか?

離職票は失業保険を受けるために絶対必要な書類です。

失業保険を受けるに当たって、失業状態であることを証明することができる唯一の証明書になります。

離職票の使い道は?

離職票は失業保険の申請に使うものだとご説明しました。

さらに、「失業の証明」になるので、失業保険の申請の他にも使い道があるのです。

健康保険や年金の切り替えにも使うことができます

また、失業中の年金の免除にも使うことができます。

よって離職票は、仕事を辞めてから転職活動をする・すこし休んでから働くといった場合は発行してもらった方がよいです。

退職してからも会社に連絡をして発行してもらうことができるそうですが、時間がかかるし気まずいのであらかじめもらえるものはもらっておいたほうが楽ですね!

離職票は退職後すぐには届かない?

一般的には退職した日から2週間程度で自宅に届くと言われていますが、実際は2週間では届かないことの方が多いようです。

私も離職票の到着をまだかまだかと待っていたのですが、退職してから2週間では届きませんでした。

4月11日に退職して離職票が届いたのは5月頭だったかと(早い方)。

離職票は別に早く届かなくても焦る必要はありません

失業保険の申請は離職票が届くまでできないので、届くのが遅くなればなるほど申請のタイミングが遅くなってはしまうのですが、遅れたからと言ってもらえなくなるわけではないからです。

もし早いうちから申請しておいてできるだけ早く失業手当を受けたいという場合は、離職票が届かなくても、先に失業保険の仮申請をしておくことができます。

できるだけ早くもらいたいという方は仮申請を調べてみてもよいかもしれません。

健康保険や年金の切り替えに期限があると思っていた私は、できるだけ14日以内に切り替えてくださいねという他のブログを読んで焦ったのですが、届かなくても大丈夫でした。

離職票が手元になくてもこれらの手続きの場合は、市役所へ行ったときに会社へ確認の電話をかけてもらって確認してもらうことができるので絶対何が何でも14日以内に必要ってわけではありません。

私は退職から14日目まで離職票が届くのを待って、届かなかったので退職14日目に離職票なしで印鑑とか他の揃えられたものだけ持って市役所へ行きましたよ。

ただ、年金の免除申請だけは後日離職票を持ってきてくださいといわれたので、免除申請は届いてから行いました。

離職票が届いたら

無事に離職票が届いたら、まずはコピーを取っておきましょう!

失業保険の申請の際に離職票1と2の両方の原本を提出する必要があるのですが、健康保険や年金の切り替え・特別措置の申請はコピーの提出で大丈夫なのです。

なのであらかじめコピーしておいて、失業保険の申請には原本、そのほか切り替えや申請にはコピーを使いまわしていきます。

新卒1年で辞める場合の保険等の最善の選択はこれ

離職票から少し話がそれてしまうのですが、新卒で辞めてしまいたいと思っている方で、次の仕事が決まっていない方は以下みたいな保険の切り替えが一番安く済むと思います。

保険は今一旦親の扶養に戻って保険証を作ってもらいました。

なので健康保険の支払いはゼロです。

失業保険でお金をもらう期間は国民健康保険に加入しないといけないようなのですが、それまでの期間は扶養に入って、その後はまだ仕事が決まっていなければ扶養に戻らせていただきます・・・。

年金は、結婚した場合以外、扶養に入ることができないので自分で支払う必要があります。

なので国民年金に切り替えの申請をしました。

また、保険料を納めることが経済的に難しい場合、「保険料免除・納付猶予制度」という特別措置を受けることができます。

失業者であれば免除や一部控除を受けらることを知ったので、その申請をしているところです。

免除・控除をしなければ私の場合、毎月1万6千円支払いが必要なのですが、控除が通れば4000円程度の支払いで済む予定です。

追記:

申請をしたところ、「全額納付猶予」という結果になりました。

猶予を受けたのでとりあえず今は年金の支払いはしていません。

のちのち納付していかないとですね。

新卒1年で辞めてしまったときの保険云々の最善の選択

  • 健康保険は親の扶養に戻れるなら戻る
  • 年金は切り替え後、失業者向けの特別処置を受ける
  • すぐに次の職場が決まっていない・決まらない予定であれば失業保険の申請をする(1年以上勤めたなら)

まとめ

以上が離職票のざっくりまとめになります。

離職票は、退職してから転職活動をする人に必要な書類です。

失業状態であることを証明してくれる書類で、離職票1 と離職票2 の2種類があります。

離職票は失業保険の申請に必ず必要な書類ですが、年金や健康保険の切り替えなどの際にも利用することができます。

また、保険料を納めることが経済的に難しい場合、「保険料免除・納付猶予制度」という特別処置を受けるためにも必要な書類です。

すぐには次の仕事が決まらない・決めたくないという方は離職票をもらっておいて、活用していきましょう(*’▽’)

最後に

心配なことがあればハローワークにでも市役所にでも聞いてしまうのが解決の近道です!

制度への申請や保険の切り替えなどの手続きの中には、住んでいる場所によって若干違ってくるルールがあるようですのでネットで調べてもはっきりしないなということがあれば電話して聞いてみるのが一番手っ取り早かったです!!

以上さやかでした。

ABOUT ME
爽香(さやか)
爽香(さやか)
メンタル豆腐すぎて新卒入社したIT企業を1年間で辞めましt…オフィス怖い。今は某大型ホテルで客室清掃のアルバイトしてます!人と関わるの拒絶気味\( ´ω` )/まあでも清掃楽しいしおばちゃんは優しい。ブログはさぼり気味!笑