おでかけ

【白川周辺のカフェ】京都国立近代美術館から歩いて河原町へ、おすすめまったり散策

白川カフェ

こんにちは!さやか(@sayaka_arieru)です(*’▽’)

先日、京都の国立近代美術館へ行ってきました!

友達に誘われて「東山魁夷」という方の絵を初めて観に行ったんですよ。

石畳の一部や店の縁側から見た景色、奥野の山と近くの木々など、身近な一場面を切り取った作品が多く、「なんだか私と視線が近いなぁ。この景色見たことある気がしてくる」なんて、東山魁夷にとても親近感を覚えました!

魁夷といえば「あお色」に定評があるのですが、実際いろんなあお色が楽しめました。

 

京都国立近代美術館での東山魁夷展は10月8日(月・祝)までなのでご興味があればぜひ!

京都国立近代美術館公式サイトはこちら

※東山魁夷展は終了しました。

 

では本題です(笑)

今回の記事の内容は展覧会の内容ではなく、京都近代美術館周辺のカフェについてです!

私は美術館や博物館、水族館などなど「館」の付く施設が大好きでよく行くのですが、立ちっぱなしで座りたくなるし、飲食禁止だからめっちゃ喉が渇きませんか?(笑)

絵や展示物を見て回るのは大好きなんですが、結構大変なんですよね!!

見終わるころにはへとへとです(笑)

 

でもですよ、みんな疲れるから「〇〇館」周辺には休憩スポットが必ずある!

ってことなんです。

というわけで、京都近代美術館へ行ったら帰りにちょっと変わったコーヒーを飲みつつミニ京都散策をしませんか?というご提案です!!

京都国立近代美術館から30分ほど歩くと、商店街や八坂神社で有名な河原町に着きます。

せっかくなので歩いてみたんですが、とってもいい雰囲気だったのでご紹介したいなと思いました!

京都国立近代美術館の近くには白川が流れているんですが、白川に沿って歩いていくとほぼ迷うことなく河原町まで行くことができますので「美術館に行くだけじゃなくて、せっかくだから散策もしたいな」という時に気軽に歩いてみてください(*´ω`)

 

京都国立近代美術館に行ったら白川を歩かないともったいない!

 

白川

 

京都国立近代美術館の近くには白川という川が流れているのですが、涼し気で穏やかで京都の街並みにぴったりな川なんですよ!!

写真下手でちょっとわかりにくいですが、いい雰囲気なんです。

この川沿いに道があり、その道をたどっていくと京都の繁華街的な存在である河原町に歩いて行くことができます。

芸術の秋を楽しんだ後は風情を味わいながらのお散歩、ちょっとした幸せですよ!!
途中にはカフェもありますのでゆっくりお散歩しながら河原町まで、おしゃべりしながら歩く、なんてまったりした一日を送れます。

なので京都国立近代美術館に行ったら白川を歩かないともったいないです(:3 」∠)!!

京都の街並みもちらちらと見えるので京都を満喫することができます。

 

白川をたどるだけで河原町まで行けちゃいます!本当に!

 

 

京茶珈琲カフェ「白川カフェ」でほうじ茶コーヒーをテイクアウト!

 

 

View this post on Instagram

 

京都東山にあります 白川カフェ です。 いつもありがとうございます。 ・ 本日9/16(日)は13:00~17:00営業予定です。 近くの岡崎公園ではさまざまなイベントがあるようです。 宜しくお願いいたします。 ・ 10月の月イチBarは 10/20(土)開催予定です。 ・ 9月も、定休日の火曜日以外に、しばらく水曜日もお休みさせていただきます。 ・ 白川カフェ最寄り駅は地下鉄東西線『東山駅』・京都市バス『知恩院』または『東山三条』バス停下車で、徒歩5分ほどです。 ※駐車場はありません。 #ほうじ茶コーヒーラテ #ほうじ茶コーヒー #麦コーヒー #デカフェ #カフェインレス #レモネード #赤しそソーダ #白川 #カモ #テイクアウトOK #京茶珈琲 #teacoffee #TEACOFFEE #プレゼント #お土産 #白川カフェ #京都 #カフェ #NAGIkyoto

白川カフェ shirakawa coffeeさん(@shirakawacoffee)がシェアした投稿 –

☆白川カフェ☆

京都市東山区唐戸鼻町559−4

定休日:火曜日

営業時間:13:00-17:00

白川カフェホームページはこちら

 

東山魁夷展を観て、美術館から出たころにはめちゃくちゃ喉が渇いていました。
でも、河原町まで歩いて行ってお昼ご飯食べよう!!って決めていたので歩き始めたんです。

楽しくおしゃべりしていましたがやっぱりちょっとお疲れ気味の友人と私。

 

白川カフェ

 

白川に沿って歩いているとオシャレな外観のカフェと「テイクアウト」の文字が。

カフェメニューをよく見ると「ほうじ茶コーヒー」??

ほうじ茶なの?コーヒーなの??

 

白川カフェでは「京茶珈琲」という、日本茶と珈琲を掛け合わせたコーヒーを楽しむことができます。
日本茶の旨味や苦みをコーヒーに合わせた京茶珈琲は、和コーヒーとも呼ばれていて世界でも注目されているとか!!

 

京茶珈琲ホームページはこちら!

 

ワンコインの500円でアイスコーヒーが頼めるとわかったので、テイクアウトで歩きながら飲もうと即決です!!

テイクアウトで買ったものの空いていたし足が休憩したがっていたので結局ちょっと休憩させていただいたのですが(笑)

お店の中は外観と同じくカジュアルな雰囲気で、「ちょっと休憩♪」に最適な感じでした。

私の座った席にはiPhoneの充電コードも備わっていたのでピンチの時は助かります・・・!

 

ほうじ茶珈琲

 

ほうじ茶コーヒー(アイス)をいただきました。
お味はすっきりしていて飲みやすい!
ほうじ茶の香りがほのかに感じられる不思議なコーヒーでした!

 

☆メニュー☆

  • ほうじ茶コーヒー (ホット・アイス) 500円
  • ほうじ茶コーヒーラテ (アイス) 550円
  • 麦コーヒー (ホット・アイス) 550円
  • オリジナルブレンドコーヒー (ホット・アイス) 500円
  • レモネード (ホット・アイス) 550円
  • 赤しそソーダ 650円

  • ビール 600円
  • レモンサワー 600円
  • 梅酒ソーダ割 600円
  • 赤しそモヒート 700円
  • レモンハイボール 700円

  • ほうじ茶アイスクリーム 500円

 

ほうじ茶コーヒーの他にも、カフェインレスの麦コーヒーや赤しそジュースがあるのでカフェインが駄目な人やコーヒーが飲めない人でも大丈夫です。

 

白川カフェで元気を取り戻した私と友人はこのあとも白川沿いに歩き、河原町まで見事たどり着いたのでした。

(ほとんど地図を見なくても歩けた)

 

白川カフェではほうじ茶コーヒーの豆など京茶珈琲の豆が販売されています。
BASEでも販売されているので気になる方はチェックしてみてください!

私実はほうじ茶があまり得意ではなかったのですが、これはすごく飲みやすかったので購入して帰るか悩みました・・・
結局買って帰らなかったことを今になって後悔しているのでBASEで買うか、店舗販売しているところに買いに行きたいと思います!
家族で飲みたい!!😊

 

 

もちろん歩くと結構な距離

 

京都国立近代美術館から河原町の街中まで行くには徒歩で約30分ほどかかります。
正直ちょーーっと疲れます。

ですが、街並みを味わおうと思ったらやっぱり自分の足で歩く方がいいですよ(*´ω`)

ちょっと疲れはするのですが、歩いてみると思ったよりは遠くないですし。

歩いた後、河原町で晩御飯を食べればちょうどいいんではないでしょうか!(笑)

 

気になるカフェや川の景色に好きに立ち止まって、まったりした時間を楽しむこともできるのが京都散策の魅力ですので天気が良かったり美術館帰りでも余力があればぜひ✨✨

 

 

京都国立近美術館の帰りは「ほうじ茶コーヒー」片手に河原町まで歩いてみては?

 

京都国立近代美術館から河原町(鴨川方面)へ向かう、まったり散策ルートと白川カフェをご紹介しました。

ちょっと歩くのですが、京都の町中を30分って本当に思ったよりすぐですよ!!

国立近代美術館の周りの街並みは古典的でお散歩にふさわしい、歩いてみたくなる道が続いているので、お天気のいい日は歩いてみてはいかがでしょうか。

 

今回立ち寄りはしなかったものの、気になるお店がたくさんあるので近々また歩いてみようと思います😊

ABOUT ME
爽香(さやか)
爽香(さやか)
メンタル豆腐すぎて新卒入社したIT企業を1年間で辞めましt…オフィス怖い。今は某大型ホテルで客室清掃のアルバイトしてます!人と関わるの拒絶気味\( ´ω` )/まあでも清掃楽しいしおばちゃんは優しい。ブログはさぼり気味!笑