グルメ

【楽チン!】バジルを乾燥保存させる方法

今年の夏から、わが家ではバジルを育てています!

夏場は生命力が強くて葉っぱがどんどん増えました。

冬になり成長は落ち着いたようなのですが、冬越えができるのか怪しいのです・・・

枯れてしまわないか不安です。

 

そこで、今のうちに何枚か大きいものだけ採取して乾燥保存することにしました!!

 

ドライバジルなんて天日干しとかして手間がかかるんじゃないの?と思っていたのですが、
レンジでチンするだけという案外簡単な方法でできたのでご紹介します😊

 

バジルの保存方法

 

バジルは寒さに弱く、日本の風土的には一年で枯れてしまうと言われています。

室内などである程度暖かい気温を保つことができれば冬を越すことも可能なのだそうですが・・・

 

わが家では、バジルを根っこの生えた状態でペットボトルで育てています。

土を使わずに水で育てているのでキッチンの窓辺に置いて育てています。
室内で育てているので大丈夫だと思いたいのですが、古い日本家屋に住んでいるので暖房を付けていないと外と同じような室温になってしまうこともあり、不安なのです。

せっかく育てたのに寒さで全部ダメになってしまうと悲しいので、大きく育った葉のみ採取して保存しておくことにしました。

 

バジルを生のまま冷蔵庫や冷凍庫で保存する方法もありますが、この方法だとあまり長持ちしません
なにより、生のまま保存すると香りが抜けてしまうので良い保存方法とは言えないのです。

しかし乾燥させたものであれば比較的長く香りを保てるので、乾燥保存レッツトライです!

 

バジルを乾燥させて保存する方法

 

それでは、さっそくバジルを乾燥させて保存する方法をご紹介!

やることはびっくりするくらい簡単です。

レンジでチンです!

 

1.今回は一番上の葉と小さい葉を残して大きな葉だけ摘みます。

摘み取ったバジル

 

2.摘み取った葉を水で洗います。

((葉っぱものってどのくらい洗えばいいんでしょうね?
土がついてなかったら大丈夫くらいにしか思っていないのでてきとうに洗いました。))

 

3.水気を切るためにキッチンペーパーを使ったりしてよく水分を拭き取ります

 

4.十分に水気を拭き取ったら平らで大きめのお皿にキッチンペーパーを敷き、その上に葉を一枚ずつ重ならないように並べます。

((お皿にキッチンペーパーを敷いてその上に葉を並べてチンすると水分がより抜けやすくなるのでキッチンペーパーを敷きました))

 

5.レンジに約20秒(600Wの場合)かけます。

レンジにかけたバジル

黒っぽく変色してしまう葉もありますが、焦げなければ問題ありません!
レンチンが終わったら一度取り出して荒熱を取ります。

 

6.またレンジにかけます。

私は今回初めてだったので加減がわからず、10秒単位で焦げないよう注意しながら、レンジでチンを繰り返しました。
葉のサイズなどによってレンジのかかり具合が違うので、焦げないように、レンチンしている間はちゃんと見守ってあげてください!
葉の状態がパリパリになるまでレンチンを繰り返します。

水分が抜けてパリパリになったバジルたちはこんな感じです。

乾燥したバジル

 

7.すべての葉がパリパリになったら、荒熱をとってから保存用の袋や瓶に詰めます

パリパリになった葉はそのまま保存してもいいですし、粉々にして粉末として瓶に詰めたりして保存します。
今回私はそのままの形で保存しました!

 

これでいつでも好きな時にバジルの葉を使えます!
しっかり乾燥させて、ちゃんと消毒した瓶などに保存しておけば約1年ほど使えるんだそう!!
湿気が不安であればシリカゲルを一緒に入れたり乾燥したバジルを冷凍庫で保管することをおすすめします!

 

家庭菜園したバジルを一年中楽しもう

 

バジルはおいしそうな香りがするし、家庭菜園初心者でも育てやすくて人気です。

夏場の成長は本当にすさまじい勢いでした。

 

すくすく育っていくのを眺めているとそれだけで癒されます。かわいい。

また来年も成長期を見せて欲しいと願っています・・・!

それまでの間は乾燥保存した葉を使って料理して待ってるからね~!

ABOUT ME
爽香(さやか)
爽香(さやか)
メンタル豆腐すぎて新卒入社したIT企業を1年間で辞めましt…オフィス怖い。今は某大型ホテルで客室清掃のアルバイトしてます!人と関わるの拒絶気味\( ´ω` )/まあでも清掃楽しいしおばちゃんは優しい。ブログはさぼり気味!笑